2007年08月12日

涙が止まらなかったドラマ・映画アンケート

ポータルサイト「goo(グー)」が、

感動して涙が止まらなかったドラマ・映画の

アンケートを実施した。



 1位は2005年に映画化、テレビドラマ化された「1リットルの涙」。難病を患った15歳の少女のひたむきな生き方を描いた実話だ。2位の「世界の中心で、愛をさけぶ」は04年に映画、ドラマになり、純愛ブームの火付け役にもなった。同じく純愛もので、韓国ドラマブームを巻き起こした「冬のソナタ」は15位。



映画
「101回目のプロポーズ」「東京ラブストーリー」など“懐かしい”純愛ものもランクインしている。

 1983〜84年にNHKで放送された「おしん」(4位)は当時、平均視聴率52.6%をたたき出した大ヒット作。今では海外でも放送され、世界各国で共感を呼んでいる。

「北の国から」「星の金貨」「3年B組金八先生」など、息の長い名作も多かった。

おしんは、放映されて20年以上になりますが、
その内容も教訓的なものがあって、いまだに、海外からも支持されている
のは凄いですね。


「世界の〜」は、タイトルのインパクトから韓国などでパクリ映画が
あったり、本も売れて、映画など挿入歌も売れたと思いますが
ブームに拍車が掛かったのではないでしょうか。



やはり、金八や、北の国からのほうが馴染みを
感じますね。映画では、海外の作品のほうが感情が
揺さぶられるものが多いですね。

posted by たーくん at 14:48| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

思うような、聞いて感心するような

豆知識を書いてます。お暇なとき、来てください。
Posted by なにか得したなあと at 2007年08月20日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。