2007年08月02日

MS「ワード」排除報道 政府の「ホンネ」ポロリ?

マイクロソフト(MS)製のアプリケーションソフト「ワード」「エクセル」を政府が原則購入しないとNHKが報じたことを受け、MS側が激怒している。政府は同局の報道を「事実誤認」などとしているが、NHK側も「取材に基づき放送したもの」としており、政府の「ホンネ」がNHK側に暴露されてしまった可能性もある。




TVMS日本法人はカンカン

では、「マイクロソフト排除」とも取れる報道はなぜなされたのか。

NHKはこの報道について「取材に基づき放送したものです」とJ-CASTニュースに対してコメントしており、報道内容については自信を持っているようだ。また、一部では、総務省が「事実誤認」とするのは、「ホンネ」を報道されたことに対する「居直り」との見方もあり、

「総務省の行政管理局長のコメントまで取っているのだから(NHKの)報道は事実だろう。『事実誤認』などというのは、単なる『建前』ではないか」(業界関係者)
といった声も上がっている。・・

政府は、ここ最近の大臣の問題の発言があって自民党の評価は、下がり続け、またNHKの使い込み問題の内紛などもあって、何を
信用して良いのか、本当にごたごた続きだ。むかっ(怒り)



少なくとも、MSは、ユーザーに向けて、より良いサービスと使い勝手を追求すべきであり、NHKも報道に自信があるなら、政府のホンネとやらを、正面に伝えてほしいものだ。


posted by たーくん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑記・見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50066335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。