2007年03月31日

北島、200m平で金メダル 中村礼は200m背で日本新


水泳の第12回世界選手権第14日は30日、オーストラリア・メルボルンで行われ、競泳の男子200m平泳ぎ決勝では北島康介(日本コカ・コーラ)が2分09秒80をマークし、2大会ぶりに金メダルを獲得した。北島、200m平で金メダル

女子200メートル背泳ぎに出場した中村礼子(東京SC)が自らの日本記録を更新する2分08秒82で全体の3位、伊藤華英(セントラルスポーツ)が2分10秒69の同5位で決勝に駒を進めた

米のハンセンが、体調不良で棄権したことが、功を奏したか、北島は
本来の力を出し切り、金メダルを獲得した。


ただ、ここまでやってきたのは、
やはりライバルのハンセンがいたことで練習や、予選の励みになっていたことは、否めない事実だ。


また、そうした大きな北島の存在が、他種目の泳者に良い影響を与えているとも言えると思う。
posted by たーくん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。