2006年11月22日

ネットショップが普及してくると・・


ネットショップが普及してくると、
消費者はかなり便利になるような気もします。

ただ百貨店や一般の小売店では、売上がかなり深刻で店頭に来るお客様も
減る可能性もあり、衝動買いも少なくなっているとのこと。


小売店は、いろいろなアプローチが必要であり、一方では、店頭とネットの
両面でサービスする店舗もあれば、通販専門の店に様変わり、またその逆に
するという展開があって、業種やユーザー層、好みなど特徴によって、お客様の
ニーズを汲み取って、販売していくという工夫が必要になりました。


コンビニでも、他と同じやり方でなく、地域性やお客様の年齢層など考慮して
独自の商品のラインアップや、戦略が必要になったとのこと。

ひと昔なら、コンビニは出せば儲かるような感じもありましたが、ちょっと
難しいようです。

テレビでは、通販番組を目にする事が多くなりました。ジャパネットたかたは、
あの甲高い声の社長の売り込みが有名ですが、商品をアピールするには
どうしたら良いか、よく考えているようで、あるテレビのインタビューで
答えていたのが、商品の特徴を絞り込むこと、メーカーの視点ではなく、
消費者の視点で、その商品の使い方まで紹介してあげることを挙げていました。


なるほどと関心してしまいましたが、そういった考え方が大事であり、これからの営業、販売には、求められるのではないかと思いました。



Blog Entry ランキングへ投票FC2blogranking
posted by たーくん at 09:41| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドロップシッピングって、何?
Excerpt: ネット上のショッピングで、アフィリエイトは、売上が上がれば利益があがるのは、 同様ですが、まず1つ大きく違うのは・・ ドロップシッピングは、商品の定価を自分で決めることができることです。 また、実..
Weblog: 知りたいあのこと
Tracked: 2007-05-02 22:42
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。