2006年08月15日

8月15日は、何の日かというと・・

新聞の見出しでも見て取れる通りで、慰霊、お参りの日ですね。


小泉さんが、首相になる前からの公約で、8月15日の参拝に訪れたのは、批判もあると思いますが、自分の信仰や信念を持っているということで、そのこと自体、間違いではないと思います。


中国や韓国が首相の参拝に対して、しかも日本の靖国神社を参拝する事に対して、どうして批判を受けなければならないのか?

確かに、日本は以前は、戦争に参加し中国や韓国を占領していた時代もあったことでしょう。そのことは、反省しなければならないですし、償いも必要でしょう。

ただ問題は、首相が参拝することは、国内の私人としての行動で、戦争を賛美することでもなく、あくまで戦没者に敬意を表すもので、中国や周辺国が日本の批判材料として、自国の教科書に日本が占領した事実を大きなスペースを使い、教育し、批判精神を高揚し、国内選挙にも、日本が殊更に悪かったと宣伝してきたことに一番の原因があるというべきでしょう。

中国も資本主義を打ち出して、世界経済が民主化に乗り出しているとき、いつまでも日本の償いという言葉を出して批判する事は自由ですが、それを続ける限り、自国の成長は、鈍化し、精神的にも成長しきれない国家のままで終わってしまう危険もあるのです。

いつまでも、経済成長を他国のせいにして、排他的な思想を通していくと、どの国も北朝鮮のようになってしまうことでしょう。そうならないために
何が、必要なのか、国として、企業として、地域社会として、政策や民主化、福祉について、真剣に考え、対処していくことが必要不可欠だと思います。

Blog Entry ランキングへ投票FC2blogranking


posted by たーくん at 21:11| Comment(1) | TrackBack(5) | ニュース・雑記・見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
首相の靖国について、中国が批判するのはまだ判る(だからといって批判が正しいとも思わないが)のですが、朝鮮については全く筋違いで批判をする資格さえないと考えています。
Posted by よじねこ at 2006年08月17日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日出る国の小泉総理 靖国に参る つつがなきや
Excerpt: やってくれました! 今日は歴史に残る一日になりました 私も行っておりました。靖国神社へ!
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-08-15 21:36

靖国参拝問題の論点整理
Excerpt: 小泉首相の靖国参拝について議論をするのは喜ばしいことだ。しかし、きちんと議論のステージをわけたほうがいい。 この議論は、
Weblog: 今日感
Tracked: 2006-08-15 22:56

学生が考える小泉総理の靖国神社参拝と、最新映画。
Excerpt: 昨日のTVタックルでも論議されていた靖国神社参拝。いち大学生がエラそうに論じるつもりはないのだが、いわゆる小泉総理最後の使命の実現に、純粋に感動した。
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-08-15 23:39

小泉首相、靖国神社参拝…現職で15日は21年ぶり
Excerpt: 小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 本殿に昇り、首相名で記帳した。首相は2001年の自民党総裁選で8月15日の参拝を公約したが、従来は中国、韓国などに配慮し、日付をず..
Weblog: 所謂雑感
Tracked: 2006-08-16 00:46

小泉総理の8月15日靖国参拝の公約実行を支持する
Excerpt:  小泉純一郎首相が、今朝、靖国神社を参拝した。5年前の自民党総裁選時の公約を最後に実行した形である。公約の実行は強く支持したい。小泉総理は、郵政民営化の公約実現のため、参議院で否決されたために衆議院を..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2006-08-20 07:25
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。