2009年01月04日

書店員が選ぶ 年末年始の“イッキ読み本”

この機会に気になっていた本や、読んだら止まらなくなる“徹夜本”に挑戦してみよう。今回は紀伊國屋書店新宿本店の店員さんの協力を得て、“いま読むべき”徹夜本を、ジャンルごとにピックアップ。

           

いす■笑い納め! 笑い初め!したいなら…

「聖☆おにいさん(1)〜(2)」(中村光 講談社 ¥580)

「世紀末を無事に終えた神の子ブッダとイエスが、東京・立川のアパートで休暇を楽しむギャグ漫画。

■来年、仕事でひと花咲かせたい!なら…

「情報は1冊のノートにまとめなさい」(奥野宣之 Nanaブックス ¥1365)

「今年3月に発売されベストセラーになった新しい情報整理術の本。PCが当たり前の時代だからこそ、手で書いたり、貼ったりして整理するアナログな方法が注目を浴びてます!

■日本人ですもの! 時代小説にハマるなら…

「出星前夜」(飯嶋和一 小学館 ¥2100)

「いままでなかった! 埋もれた史実を丹念にたどり、積み重ねられたこの物語からは、私たちが常識的に知っていたものとは全く違う歴史が立ち現れてくる。


どれも楽しめそうな本ばかりですね。アナログな整理方法は

参考にしたいと思いました。

posted by たーくん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。